知っておきたい!歯科矯正の基本知識について

>

歯科矯正はいつから受ければいいのか

歯科矯正のタイミング

歯科矯正には基本的に年齢制限がありません。
そのため、「子どもの頃は気付かなかったけど、最近歯並びが気になる」といったように、大人になってから歯科矯正を受けるという人も少なくありません。
また、子どもが受ける歯科矯正と大人が受ける歯科矯正はどちらも歯の位置を整えるという意味では同じ治療内容といえます。
ただし、子どもの場合はあごの骨が成長する時期と重なるため、治療に時間がかかったりする場合があります。
そういった意味では、大人になってからの歯科矯正は、それほどリスクがあるともいいきれません。
むしろ、歯科矯正の必要性が生じた時点が、治療を受けるベストのタイミングだといえます。
それは大人になってからでも変わらないといえます。

大人の歯科矯正の注意点

歯科矯正は大人になってからでもできるといえますが、大人になってからの歯科矯正には気をつけておきたいこともいくつかあります。
例えば、歯科矯正では歯の並びを整える際に、歯そのものの状態以外にも、歯茎が健康な状態であることもポイントとなります。
しかし、子どもの時は特に問題がなくとも、加齢とともに歯槽膿漏などの歯周病を患い、歯茎の健康状態に異常が発生する場合もあります。
このような状態では歯科矯正をすぐに行うことが難しく、まずは口内環境を整える必要があります。
このように、大人になってからの歯科矯正自体は不可能ではありませんが、子どもが受ける歯科矯正よりも条件が増えるといえます。
口内を清潔に、健康に保っておくことを普段から意識しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る