知っておきたい!歯科矯正の基本知識について

>

そもそも歯科矯正とは?

歯科矯正の方法について

歯科矯正には様々な方法が用いられます。
まず代表的なものは、ワイヤーを用いる矯正方法です。
街角で、あるいは映画やドラマの作品の中で、歯に銀色の金属製のワイヤーが通されている子どもを見たことはありますか?
歯の表側に金属製のワイヤーを装着し、歯並びを矯正するこの方法は、歯科矯正の中で最も一般的な方法といっても過言ではないでしょう。
ただし、この方法も万能というわけではなく、いくつかデメリットがあります。
例えば、強い力が加わると外れてしまうため、歯磨きの際は歯ブラシの操作に細心の注意を払う必要があります。
それでは、口内洗浄液や水で口をゆすぐなどで対応すればいいと思うかもしれませんが、ワイヤーと歯の間に食べカスが残ると口臭や腐食の原因にもなりかねないため、
むしろ歯磨きは必須となります。
少し窮屈な方法といえるかもしれませんね。

マウスピースを用いた歯科矯正

その他の歯科矯正の方法としては、マウスピースを用いる治療方法もあります。
こちらの方法は、歯並びにも使えますが、歯のかみ合わせを調整する際にも用いられます。
というのも、歯のかみ合わせの場合、歯並びが原因の場合もあれば、上下の歯の位置がずれることで生じる場合もあります。
また、その様な状態で長年かみ続けることで、骨格的にかみ合わせが悪くなるケースもあります。
つまり、単純に歯並びを隙間なく綺麗に整えただけでは解決しない場合が、歯のかみ合わせにはあるということになります。
このような時は、マウスピースを使い実際にかみながら上下の歯の位置を矯正することで、問題を解決できることがあります。
このマウスピースを用いる歯科矯正のメリットは、ワイヤーを用いる方法と違い途中で取り外しが出来るという点にあります。
もし歯科矯正の方法を選ぶことができるなら、歯科医師とよく相談して決めるようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る