歯科矯正は大人になってからでも大丈夫?

知っておきたい!歯科矯正の基本知識について

歯科矯正の方法について

歯科矯正という言葉は、誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
歯科矯正とはその名のとおり、歯の状態を正常に保つために行われる方法を指します。
歯科矯正の際は、一般的には歯並びや歯のかみ合わせといったような一本一本の歯の状態というよりも,歯全体の状態を見ることになります。
人間にとって、歯並びや歯のかみ合わせは食事や容姿に関係するだけでなく、気分の良し悪しや集中の維持といった脳内機能などにも関係する要素となります。
つまり、歯並びや歯のかみ合わせは日常生活に大きな影響を与える、重大な要素のひとつともいえます。
例えば、歯のかみ合わせが悪いまま放置してしまうと、仕事に集中することが困難になってしまうなどの事態も起きる可能性があります。
大抵の場合は、子どもの頃に歯並びの悪さなどが見つかるため、歯科矯正も子どもの頃に経験したという人が多いのではないでしょうか。
しかし、人によっては成長つれて、あるいは虫歯など歯の治療の過程で大人になってから歯並びや歯のかみ合わせに変化が生じる場合もあります。
そのような場合、本人も原因がわからないまま、集中が持続しないなど体調の悪化に悩まされるケースも起こりかねません。
原因に心当たりのない体調の悪化を自覚できた時は、一度歯の状態を確かめてみるということも考えてみましょう。
ただし、歯科矯正は保険が適用される場合と適用されない場合があります。
歯科矯正の保険適用の可否については、矯正方法や医療機関によって分かれますので、治療を受ける前に一度確認しておくことも忘れないようにしましょう。

TOPへ戻る